Banner Sustainability

Growing Our Tomorrow

Our vision includes efficient production and innovative product designs. Coupled with responsible forestry practices, we deliver products with low carbon impact to create a more sustainable tomorrow.

Learn more about our sustainability commitments below.

Growing Our Tomorrow

Our vision includes efficient production and innovative product designs. Coupled with responsible forestry practices, we deliver products with low carbon impact to create a more sustainable tomorrow.

Learn more about our sustainability commitments below.

Sustainability Roadmap Vision new

持続可能性ロードマップビジョン

2012年に開始した持続可能性ロードマップビジョン (Sustainability Roadmap Vision/SRV) 2020は、持続可能性を実現するための包括的な戦略になりました。SRVは、当社の事業とより広いサプライチェーン全体の利害関係者に関連する10の主要な影響領域を設定し、それぞれに野心的な目標を設定します。さらに、SRVは、持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals/SDGs) を引き続き支援するための、当社のアプローチを設定します。

17のSDGsは、すべての先進国と発展途上国によるグローバルなパートナーシップにおける緊急行動の呼びかけです。17のSDGsでは、貧困やその他の略奪を撲滅するには、気候変動に取り組み、海洋と森林の保護に取り組む一方で、健康と教育を改善し、不平等を減らし、経済成長を促進するいくつかの戦略と密接に関連している必要があることを認識しています。

当社では、SRV 2020の目標の大部分を達成しましたが、最近の進展により、持続可能性への取り組みの範囲を拡大する必要があることに気づきました。これを念頭に置いて、社内チームと社外リソースによる広範なレビューを通じて、SRV 2030を策定しました。SRV 2020と比較して、SRV 2030では、より広い範囲の問題を対象としています。また、国連の持続可能な開発目標と気候変動に関するパリ協定と十分に整合しています。

ビジョン2030は、生産、森林、人という、当社の業界に関連する3つの主要な分野に焦点を当てています。この範囲には、責任を持って管理された森林から材料が調達され、どのように炭素製品を生産しているか、地域社会の福祉にどのように貢献しているかが含まれます。持続可能な開発目標(SDGs)は、ビジョン2030の問題にマッピングされています。ビジョン2030に沿って行動することにより、国際的なベストプラクティスに沿う、世界的な目標達成に貢献することができます。以下のSRV 2030をご覧になるか、持続可能性ロードマップビジョン (https://asiapulppaper.com/sustainability/roadmap)にアクセスして、当社の成長とSRV 2020の進捗状況を確認してください。

Product & Production

生産

二酸化炭素排出量を30%削減

より少ない費用でより多くのことを実行し、無駄を最小限に抑えながら製品をさらに進化させます。

持続可能な製品の生産
 

当社では、環境フットプリントを削減し、循環する世界経済に貢献するために、責任を持って持続可能な紙製品の生産に取り組んでいます。

UN SDGへの貢献:

情報

競争力のある製品環境フットプリントを達成し、循環経済に貢献します。

目標

  1. エネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を増加させます。

  2. エネルギー消費を削減します。

  3. 水の消費量を削減します。

  4. 埋め立て廃棄物なくします。

UN SDGへの貢献:

情報

競争力のある製品環境フットプリントを達成し、循環経済に貢献します。

目標

  1. 再生繊維の利用を増やします。

  2. 製品の生分解性と資源効率を向上させます。

森林

 

Forest

森林

50万ヘクタール以上の自然林が保護されています

当社の事業を支える森林、泥炭地、生物多様性の保護と保全。

森林を保全する
 

当社では、持続可能な森林に依存する企業として、供給会社の伐採権保有地内およびその周辺の自然林を保護および回復しながら、持続可能な林業の研究と改善を続けています。

UN SDGへの貢献:

情報

当社とその供給会社の伐採権保有地全体で、景観規模の持続可能な森林管理、保護、回復を実現しています。

目標

  1. 認定された持続可能な森林からのみ調達し、繊維の生産性を向上させます。

UN SDGへの貢献:

情報

当社とその供給会社の伐採権保有地全体で、景観規模の持続可能な森林管理、保護、回復を実現しています。

目標

  1. 高炭素ストック (High Carbon Stock/HCS) の森林と高保全価値 (High Conservation Value/HCV) の地域を保護し、回復作業を続けます。

  2. 重要な泥炭地の生態系を保全します。

  3. 3つの優先野生生物と10種の希少樹に焦点を当てながら、インドネシアの動植物を保護します。

UN SDGへの貢献:

情報

当社とその供給会社の伐採権保有地全体で、景観規模の持続可能な森林管理、保護、回復を実現しています。

目標

  1. 火災の影響を受ける地域を2%未満に維持します。

生産

People

数百万人の人々の生活を改善する

人は、地域社会の活性化、社員の活性化、持続可能な開発におけるパートナーとの提携など、当社活動の中心に位置付けられます。

地域社会と協働する
 

当社は、永続的な変化を生み出し、維持するために、持続可能な開発において、社員、森林に住む地域社会の住民、パートナー全体と協力する必要があります。

UN SDGへの貢献:

情報

持続可能な事業運営の一環として、地域社会に活力を与え、関与させ、世界クラスの人的資本管理に投資しています。

目標

  1. 焼畑農業を削減します。

  2. キャパシティビルディングを通じて地域社会の福祉を改善し、地域社会が市場にアクセスしやすくします

  3. 複数の利害関係者の関与を強化することにより、地域社会と先住民の権利を尊重します。

UN SDGへの貢献:

情報

持続可能な事業運営の一環として、地域社会に活力を与え、関与させ、世界クラスの人的資本管理に投資しています。

目標

  1. 女性管理職の数を増やします。

  2. 組織の敏捷性を強化します。

UN SDGへの貢献:

情報

持続可能な事業運営の一環として、地域社会に活力を与え、関与させ、世界クラスの人的資本管理に投資しています。

目標

  1. 不正報告と内部告発者管理に関するベストプラクティスを確立します。

  2. 当社の行動規範を確実に順守するためのベストプラクティスを確立します。

生産

森林

Sustainability Commitment New

持続可能性への取り組み

当社の持続可能性取り組みは、持続可能性ロードマップ ビジョン2020に記載されています。2012年に策定したビジョン2020は、持続可能性の実現に向けた総合的な戦略となりました。

SRVは当社の事業全体に関わるステークホルダーの皆さまと広範なサプライチェーンに関する10の主要な影響分野を定め、それぞれに意欲的な目標を掲げています。さらにSRVでは、国連の持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals/SDGs) を引き続き支援するための当社の取り組みが開始されます。

詳細は、当社の持続可能性ロードマップ ビジョン にアクセスしてください。

 

このロードマップの基本理念は森林保護方針 (Forest Conservation Policy/FCP) です。当社は当初、ビジョン2020において、2015年までに高保護価値 (HCV) の原則を実施し、2015年までに自然林の伐採を停止させる計画を打ち出しました。しかし、当社は2013年2月5日に森林保護方針を発表して直ちに実効化しておりFCP、ほぼ2年間前倒しにして目標を達成しています。当社方針の詳細および進捗状況はこちらをご覧ください 

 

 

 

 

その他の情報

Policies and Documents

方針およびと文書

より詳しい情報が必要ですか? 当社の持続可能性への取り組みと成果については、以下のメニューから発行物と報告書をご覧ください。