アセットパブリッシャー

null 野生生物シリーズ:オランウータン(私たちの賢い進化論的いとこ)

野生生物シリーズ:オランウータン(私たちの賢い進化論的いとこ)

野生生物シリーズの第2回記事へようこそ。このシリーズでは、絶滅危惧種の動物に関する興味深い事実と、その個体数を保護するために私たちができることについてお話します。今回は、私たちの進化論的いとこであるオランウータンについて説明します。

オランウータンは文字通り「森の人」を意味することをご存知ですか?これは、マレー語/インドネシア語の2つの単語、つまり「orang」と「hutan」からの混成語で、前者は「人」を意味し、後者は「森」を意味します。そしてその名前が示すように、オランウータンは確かに私たちと多くの特徴を共有しているので、とても人間らしい動物です。

実際にオランウータンを見てください。森の真ん中で彼らのシルエットを見れば、大きな人間だと思うかもしれません。地球上で樹木に生息する最大の動物として、成体のオスのオランウータンは140kg以上の体重に達する場合があります。彼らは時間の90%以上を木のてっぺんで過ごし、熟した果実、若い葉、そして時にはシロアリやつる植物を食べます。

オランウータンは、ほとんどの場合、4本の手足すべてを使って歩きますが、よく見ると、人間と同じように、手をうまく利用していることがわかります。彼らには、食べ物を運んだり木の枝をつかんだりするのに役立つ反対の親指があります。一部のスマトラオランウータンは、棒などの道具を使って、シロアリ、アリ、ミツバチを木の穴から追い出します。また、とげのある果物やとげのある枝を扱うときに、葉から「手袋」を作ることが観察されています。はい、彼らは知的です。

しかし、それだけではありません。それ以上に、オランウータンは私たちと同じように感情を推論し、考え、表現することができます。笑顔、しくしく泣く、泣く、そして皆さんと同じ表情をすることができます。これが私たちとの類似点を不思議なものにしているのです。オランウータンを間近で数分間見ただけなら、皆さんは私たちを同じであると考えると確信しています。

また、オランウータンも私たちを見て、同じように考えているかもしれません。国際的な科学者グループが2011年に発表した分析によると、オランウータンは私たちと比較して、DNA配列の97%を共有しています。チンパンジーや、最近ではボノボと並んで、彼らは、私たちの最も近い生きている進化の親戚の1人になりました。ですから、オランウータンを見たときに強い親族感を感じても何ら不思議ではありません。

しかし皮肉なことに、人間の行動がオランウータンにとって最も危険な脅威になっています。密猟、生息地の喪失、人間と野生生物の対立により、野生のオランウータンのすべての種が脅かされています。オランウータンのすべての種は、IUCNによって「絶滅の危機に瀕している」と宣言されています。つまり、私たちが迅速に行動しなければ、進化のいとこは絶滅する可能性があります。

それでは、私たちは何ができるでしょうか?私たち側からは、当社の利権地域周辺において、人間とオランウータンの間の紛争を減らすための措置の実施を支援しています。また、絶滅危惧種への危害を一切容認しない政策の実施を支援するために、啓もう活動を続けています。当社の取り組みにおいて、東カリマンタン、クタイ国立公園、オランウータン財団インターナショナルなどの天然資源保護庁と協力しています。保護活動に関する詳細については、こちらをご覧ください。

そして、皆さんも自分自身の役割を果たすことができます。何千マイルも離れて住んでいるとき、多くの人々はオランウータンを助けることは不可能であると考えます。しかし、それは間違いです。削減、再利用、リサイクルなどの簡単なことを行うことで、実際に汚染を削減し、ひいては環境とオランウータンの生息地を保護することができます。それほど多くはないように思われるかもしれませんが、小さなことが大きな違いを生む可能性があります。ソーシャルメディアアカウントでこの記事を共有して意識を高めることにより、実際に良い影響を及ぼすことができます。

オランウータンはキーストーン種です。これは、彼らが彼らの周りの環境を劇的に変えることを意味します。他の多くの生き物や植物は生き残ることができるように、これらの変化に依存しています。オランウータンが姿を消すと、壊れやすい熱帯雨林の生息地に生息する何千もの異なる種も姿を消すことになります。最終的に、これらの変化は、同じ惑星に住む私たち人間にも影響を及ぼします。したがって、オランウータンとその生息地を保全するために努力することによって、私たちは他の生き物を救うだけでなく、私たちの未来を保護することができます。

当社のソーシャルメディアアカウント(FacebookInstagramTwitter)をフォローして、野生生物に関するさらに興味深い事実と、野生生物を救う方法を学んでください。今から始めて、より良い明日のために変化しましょう!

関連するアセット

Related Stories

野生生物シリーズ:ゾウと巨人の感情

野生生物シリーズの第4回記事へようこそ。このシリーズでは、絶滅危惧種の動物に関する興味深い事実と、その個体数を保護するために私たちができることについてお話します。今回は、壮大な果食動物であるゾウについてお話します。

野生生物シリーズ:森の強大な王、トラのストーリー

野生生物シリーズの第3回記事へようこそ。このシリーズでは、絶滅危惧種の動物に関する興味深い事実と、その個体数を保護するために私たちができることについてお話します。今回は、強力かつ大胆不敵なハンターであるトラについて説明します。

お子様に気候危機を説明する方法

「今日の子供たちは明日のリーダーです。教育は子供たちがコミュニティのリーダーとしての将来の役割に備えるための非常に重要な武器となります。」- ネルソンマンデラ(Nelson Mandela)、1990年。