アセットパブリッシャー

null 繊維供給

繊維供給

1.SVLKとは?
SVLKは、インドネシア政府が要求する木材製品の合法性に関する必須認証です。これは、EU木材規則に定められているEUの高い輸入基準に一部起因して開発されました。しかし、国内市場向けと輸出向けの両方の木材を対象としています。SVLKは、取引先、顧客、そして最終的には消費者に、提供する製品が検証可能であり、国の厳格な合法性とCoC(Chain of Custody)要件を満たしていることを保証します。 

米国、カナダ、オーストラリア、EUを含む世界中の国々が透明性と説明責任の向上を求めているため、インドネシア全土で完全に実施された場合、SVLKはインドネシアの森林ベースの製品を合法的に調達および処理する新しい基準を確立することになります。

2.APPのSVLK認定のステータスはどうなっていますか?
APPの紙パルプ工場は、SVLKシステムの第1フェーズでSVLK認証を取得した最初の企業の1つでした。このシステムは、工場が合法的に調達された木材のみを合法的な供給元から受け取り、処理し、国から輸出されるすべての製品が検証可能な原産地まで追跡できるように設計された、より厳密なプロセスを構築します。 

8つのAPPインドネシア工場はすべて、SVLKとパルプ調達の認定を受けており、2012年12月の時点で、ドイツに本社を置く国際認証機関であるTUV Rhinelandによって監査されています。インドネシアに拠点を置く、APPの38のパルプ供給会社は、すべてSVLK認定を受けています。 

3.インドネシアの持続可能な森林経営の基準であるLEIとPHPLは、国際基準に匹敵しますか?
APPの立場は、すべての信頼できる認証を採用することであり、各認証スキームには、承認のシールが付いた製品の特定の属性を保証するための独自の一連の厳格な基準があることを認識しています。認証は、お客様が責任を持って生産された製品を調達していることを確認するための方法です。製紙業界にはさまざまな認証があり、それぞれに独自の原則と基準があり、それぞれに長所と短所があります。 

APPは、2011年に設立されたインドネシアの林業認証制度であるIndonesian Forestry Certification Cooperation(IFCC)のメンバーでもあり、その目標はPEFCによる完全な承認を達成することです。IFCC規格が完全に開発され、PEFCによって承認されたら、APPの繊維源は、PEFCによって認定された100%持続可能な方法で管理された森林からのものです。

4.APPには、既存および追加のパルプ工場の生産能力を満たすのに十分な植林地からの繊維がありますか?
Earthworm FoundationとAta Marieは、38のパルプ供給会社すべての利権地域を対象とAPPの植林地成長率とパルプ材収量の詳細かつ包括的な調査を実施しました。木材供給調査により、2022年まで南スマトラのOKIにある新しいパルプ工場の需要を含め、インドネシアのAPPのパルプ工場に供給するのに十分な植林地からの繊維があることが判明しました。この調査では、植林地の生産性を向上させ、無駄を減らすための推奨事項も提案されました。そして、2022年以降に繊維供給を拡大するために、より統合された植林地収量規制システム(PYRS)を採用します。

確かに、地球にとってはリサイクル材を使用する方が良いと考えます。
当社は、世界の紙パルプサプライチェーンにおけるリサイクル材の役割を全面的に支持します。確かに、当社では、リサイクル材から多くの製品を製造しています。しかし、木質繊維は劣化のためにリサイクルできる回数が限られているため、常にバージン繊維の供給源が必要になります。当社の植林地の急速な収穫ローテーションにより、最終的にリサイクルとして使用できる再生可能なバージン繊維に対する持続可能な供給源を有しています。

5.APPの利権はどのくらい継続しますか?
インドネシアの産業植林地伐採許可の典型的な期間は40~100年の範囲です。それがなくなると、会社はライセンスの延長を要求するか、政府に返却することができます。

なぜ植林地からの繊維を再生可能であると主張するのですか?これは、太陽エネルギーや風力発電とは異なります。
植林された樹木を置き換えるために植林するため、植林地からの繊維は再生可能です。これらの木はインドネシアの熱帯気候のおかげで非常に速く成長するので、当社はより短い間隔でそれらを収穫することができます。 

6.APPの将来の土地ニーズは何ですか?
APPは、将来、森林に覆われていない土地から開発された新しいまたは確立された植林地を持つ新しいパルプ供給会社から調達して、その運営のための木材供給を増強する可能性があります。これらはAPPが行う商業上の決定であり、すべての新しい調達は、FCP、責任ある繊維の調達と処理のポリシー、およびパルプ供給会社の評価とリスク評価の条件に準拠することが期待されます。 

APPは、APPの管理下にないオープンマーケットのパルプ供給会社から木材の一部を調達しています。APPは、これらの植林地が持続不可能な農業慣行を実行していることをどのように保証していますか? 
当社は、インドネシアと世界の両方のすべてのパルプ供給会社に、当社の森林保護方針(FCP)を遵守することを要求します。すべての世界のパルプ供給会社が責任ある森林管理をサポートすることを保証するために、当社は責任ある繊維調達および購入ポリシー(RFPPP)を作成し、Earthworm Foundationのサポートを受けて、持続可能な森林管理(SFM)パルプ供給会社スコアカードを作成しました。焼畑などの違反が発生した場合、APPは、当社の持続可能なポリシーが厳密に遵守されていることを確認するために、躊躇なく即座に行動を起こします。さらに、サプライチェーンの整合性を確保するために、厳格なパルプ供給会社評価およびリスク評価(SERA)を実施しています。

7.APPが持続可能性の取り組みを遵守していることをどのように確認できますか?
2015年以来、APPは火災と煙霧に対処するために、統合火災管理システム(IFMS)に1億5,000万米ドル以上を投資してきました。APPは、3,000人を超える消防士と最先端の消防設備を採用するほか、現代の農業技術と焼畑による土地開拓の危険性について地域社会を教育するプログラムである統合林業農業システム(IFFS)も開始しました。また、このような持続可能な取り組みを継続し、利害関係者と協力して責任を持って行動していきます。  

これらの持続可能性への取り組みには多額の投資が必要でしたが、APPは市場参入を拡大することにより、大きな恩恵を受けています。また、攻撃をかわすのではなく、事業を大切することに多くの時間を費やすことができました。全体として、持続可能であることはAPPにとって有益であり、持続可能性の約束に戻る理由はありません。

関連するアセット

Related Stories